Amixのヘアマニキュアは、いつまでもキレイでいたい大人の女性が、楽しみ続けられるヘアカラーです。

髪にやさしい酸性カラーの良さを活かして、髪本来の健やかさを損なわずに、美しい色味とツヤを表現します。

お客様一人ひとりの気持ちまで若々しく彩ります。

グレイヘアへの染まりと豊かな色味表現力で、大人の女性への上質なカラーヘアを創ります。

優しさと、美しさと、輝き。

ヘアカラーの可能性を広げます。


カラーバリエーションも70色に増えて、ご希望のカラーデザインを表現します。
RIMG10683.jpg

ヘアマニキュアのQ&A

Q1:ヘアマニキュアとヘアカラーはどう違うのか?

A1:【ヘアマニキュア】
・マニキュアという言葉が示すとおり、手足の爪に使うマニキュアと同じようなイメージです。
髪の外側に色素を吸着させコーティングします。

・染料を髪のタンパク質とイオン結合させ、髪の外側に色素を吸着させることで色合いを変える。

・染料が毛髪のキューティクル3層構造の最下部『エンドキューティクル』に付着する。

・皮膚が敏感で通常のヘアカラーを使用出来ない方、またパーマアイロンを施し、なおかつ白髪にカラーを入れたい方におススメです。

【ヘアカラー】
・髪の毛を脱色して、髪の外側だけでなく、内部にも色を入れます。しっかりときれいな色を付けたい時や、色を長持ちさせたい時に使います。

・カラー剤が毛髪内部の毛皮質内のコルテックス(間充物質)に付着します。コルテックスにはAとBがあり、Aコルテックスには酸性染料が付着しやすく、Bコルテックスには塩基性染料が付着しやすい。


Q2:ヘアマニキュアで黒髪を染めることは可能か?

A2:ヘアマニキュアは元々の髪を脱色せず、髪の外側に色を付けるため、元々の髪が黒髪だと直射日光や蛍光灯の光に少し色が付いてるのが分かる程度です。


Q3:ヘアカラーとマニキュア、どちらの方がダメージが無いの?

A3:ヘアカラーは髪の内部組織に変化を与えるものに対し表面に色素が浸透、吸着するだけのヘアマニキュアはダメージを与えません。むしろヘアケア効果が期待できます。
ただし、ヘアマニキュアでの染毛の場合、ヘアカラーのように明るくは出来ませんので求める明るさ、色味etcでの選択も必要になります。


Q4:パーマとマニキュアはどちらが先にした方が良い?

A4:ヘアマニキュアで染めた後にパーマをかけると、色が抜けてしまいますので、パーマを先にかけることをおすすめします。


ノンジアミンカラー始めました!!



「お肌のデリケート方へのヘアーカラー」

ジアミンって何?・・・・ヘアカラーの核として染料に含まれるPPDA
(パラフェニレンジアミン)等の事です。このジアミンを使用する事で、
少量の色素で濃く色を出す事ができ、またいろいろな色調を簡単に作ることができます。
ジアミンの何が悪いの?・・・・ジアミン自体が有害性を持っているから
アレルギー反応を引き起こす原因になるだけでなく、酸化剤と混ぜた時にできる中間物質にも有害性があることが知られています。
次世代のヘアカラー・・・・・・透明感あるクリア
ノンジアミンカラーはジアミンを使わない為、今までのカラー剤よりも何倍もの染料を使用するため毛髪にしっかりと入り込み染まります。それでいてジアミンを使わないため透明感あるクリアな色になります。染料を
たくさん使用するためカラーの褪色が少なくカラーが長持ちします。ジミアンによるかぶれゼロ!
肌の弱い方、不安がある方に適したカラーです。
続けてカラーをしている人に今までのカラーを一休みして
「髪の元気サポートカラー」としてお薦めいたします。



Menu
クリアカラー・・・・Amixでは、ノンジアミン染料剤を使って行う技術メニューです。

ノンジアミンのQ&A

Q1:ノンジアミンのどこがすごいの?

A1:肌の弱い人、肌に不安のある人へのヘアカラーを楽しむ道が開けました。
今まで肌の弱い人は、マニキュアかヘナでしか対応できませんでした。しかも、どちらも明るい色には限界がありました。(ただしヘナの場合はナチュラル、ゴールド、ニュートラルのみがノンジアミンと言われています。)

特長
1 ジアミンによるかぶれ、トラブルはまったくゼロ
2 アルカリが非常に低い(アルカリが低くてもトーンアップができるのがノンジアミンの特徴)
3 専用2剤(刺激緩和成分を多く入れることで過水反応時の刺激(チクチク・ピリピリ感)を緩和
4 頭皮前処理剤を使用することでアルカリと2剤の刺激を緩和
5 透明感のあるクリアな色彩
6 抜群なツヤと手触り感
7 褪色が少ない

Q2:ノンジアミンカラー欠点

A2:今までのカラーとは比較せず、全く別のカラーだと考えてください。色の数に限界があります。また、暗い色は出ません。
白髪に染めるには限界がありますが、明るい白髪染めとしては充分です。

Q3:ノンジアミンなのになぜ染まるの?

A3:ジアミンで染まる原理も、ノンジアミンで染まる原理も基本的には同じです。いままでは、ジアミンを使わないと意図どおりの色が表現できませんでした。
そこで染料の組み合わせを変えることと、色素量を多くすることで、思ったとおりの色を表現することに成功し「ノンジアミンヘルバ」が誕生しました。
色彩は、ノンジアミン独特の中明度から高明度の透明感ある鮮やかさが表現できます。
欠点は、暗い色が出しにくいことと、色数に限界があることです。

Q4:ノンジアミンカラーのメリットは?

A4:肌の弱い人がもっとも希望する明るい色への対応が可能になったこと。
ますます多くなるアレルギーへの考慮。
カラーで髪が細くなったり、ハリ・コシがなくなった方への「髪の元気」サポートカラーとして毎日使うスタイリストのアレルギー対策として。

Q5:アレルギーの人はどれくらいいるの?

A5:年々増加しています。予備軍も入れると日本人の半数以上が何らかのアレルギーと言われています。
約3人に1人がアレルギー(厚生労働省「保険福祉動向」調査)年々急増しています。
しかも「まだ発症していないが、アレルギー体質を持っている」予備軍を入れると、日本人の過半数がアレルギー体質になっていると考えられます。(厚生労働省調べ)

Q6:カラーでのかぶれの原因は?

A6:大きく分けて3つあります。
1 染料の刺激(主にジアミン染料)
2 アルカリでの刺激
3 過酸化水素の反応時の刺激

Q7:ノンジアミンヘルバはアレルギーを持っている人に安心して使えるの?

A7:全てをカバーできるものではありません。ノンジアミンヘルバは、アレルギー要因に注目。3つの要素をコンセプトに開発されました。
①ジアミンフリー
②低アルカリ(メーカー比)
③保湿・保護成分配合の専用2剤の採用

Q8:ノンジアミンの商品は他にもあるの?

A8:ヘアマニキュア・ヘナ等はノンジアミンです。ただし、ヘナの場合はジアミンが入っているものも知られています。
ヘアマニキュアもヘナも髪を明るくすることができません。
過水と混合するタイプのカラーでのノンジアミンはこれが初めてです。(メーカー比)

Q9:白髪にはどのくらい入るの?

A9:白髪をぼかす程度の明るい白髪染めとしてお使いいただけます。暗い色調の色はありません。
一番暗い色(クリスタルブラウン・レベル7)でも白髪をぼかす程度です。

Q10:.なぜ暗い色は無いの?

A10:ノンジアミンの限界です。重ね塗りしても暗くならないほどクリアで透明感があり、くすんだ色や青系統の色が出せないのです。

Q11:なぜツヤや手触りがすごくいいの?

A11:色素量が非常に多いからです。
ノンジアミンヘルバは、発色する色がクリアで透明感があるためジアミンと同等の濃さを出すには、約1.3倍の染料が必要です。(メーカー比)
そのためメラニンの抜けた部分にしっかりと入り込んで髪を満腹状態にするからです。それでいて濃くならないのが特徴です。

Q12:褪色が少ないのはなぜ?

A12:色素量が多いからです。褪色する過程はジアミン系もノンジアミンも同じです。
ただしジアミン系に比べて色素量が多いため、毎日同じ量が褪色しても単純に長持ちするということです。

Q13:2剤は他の2剤と違うの?

A13:刺激対策用の2剤として開発しました。刺激緩和成分を入れることで過水反応時の刺激を緩和します。
キシロース、セージエキス、モモ葉エキス、オトギリソウエキス、コンフリー葉エキス、ドクダミエキス、グリチルリチン酸ステアリル等配合。

DSC_1427.JPG
ハーブカラー始めました!!


「新ナチュラル系染毛剤のハーブカラー」

カラーリングと同時に頭皮改善、毛髪改善が出来る画期的なカラーリングです。
ローズマリー、カモミール、セージなど
植物由来の主成分が90%以上で最小限の化学成分でできているため、刺激や残臭が少なく安心してカラーリングをして頂けます。
更に、Hair&Make Amixでは約3倍の酸素を含むマイナスイオン水『O2 ウォーター』を使用することでより美しく発色させ、
定着させています。
今までの自然系のカラーリングと同時に黒髪を明るくする事はできませんが、
色味が豊富でミックスする事により幅広い色味が可能になりました。
いつまでも自然で健康な頭皮、髪を保ちたい方、髪にハリ、コシ、ツヤがほしい方、色味を長く楽しみたい方にオススメです。

ハーブカラーのQ&A

Q1:頭皮や毛髪へのダメージはありませんか?

A1:絶対にないわけではありませんが、通常より大幅に少ないダメージです。

Q2:色落ちはありますか?

A2:色味にもよりますが、色落ちする方もいらっしゃいます。特に赤等。

Q3:地肌に着いた色は落ちやすいですか?

A3:施術後2、3回のシャンプーでほとんど落ちます。

Q4:どのくらい色持ちしますか?

A4:約1ヶ月~2ヶ月持ちます。

Q5:残臭はありますか?

A5:一般的な染毛剤のような刺激臭ではなく、穏やかなハーブの香りをお楽しみいただけます。

Q6:ヘナとの違いは?

A6:医薬部外品としての認可を取得しています(クリアを除く)。
植物成分に加えごく少量のジアミン(化学染料)を使用することで効果的かつ安全な染毛を実現。

Q7:使用されているハーブの種類は?

A7:代表的なハーブの成分は柿の葉 ・甘草 ・ローズマリー ・セージ ・カミツレ等のハーブでブレンドされています。

Q8:次回のパーマのかかりはどうですか?

A8:使用していく間に髪が健康な状態になっていきますのでパーマは多少かかりにくくなります。